肩こり歴25年の俺の肩こり解消体験記~もう整骨院には行かない

肩こり歴25年の俺の肩こり解消体験記~もう整骨院には行かない

肩こり歴25年。長年肩こりに悩まされてきた俺が、一念発起し、肩こり解消に本腰を入れました。なぜならば、まだまだ「死にたくない」からです。

MENU

パソコンの使い過ぎは肩こりを悪化させる原因になるって本当?            

 

f:id:hihari:20170111102812j:plain

現代人にとって、とても便利なパソコン。

この便利な道具のおかげで、どれだけ仕事やプライベート充実させられているか。

とてもありがたい反面、肩こりの天敵といえるでしょう。

 

今回は、パソコンと上手に付き合って、

 

肩こり解消できる記事を書きます。

 

あなたは何時間パソコンしていますか?

俺は、仕事でパソコンを使います。

 

机の少し置くにノートパソコンを置き、その手前で筆記の仕事をしています。

仕事、全部がパソコンで済んでしまうというのなら、使いやすい場所に置くことができますが、パソコン以外に机のスペースを確保しないといけないので、自然と体勢が辛くなります。

 

両手を多くに伸ばし、体は前傾姿勢。

これがカラダに良いわけがありません。

分かっているんです。

でも、仕方ないのです。

 

上司に、「パソコン専用の机をもう一台用意して下さい」なんて言えないですもんね。

 

 

みなさんはどうですか?

 

パソコンはどれぐらいの時間してますか?

 

仕事でも使いますか?

 

 

自宅で調べ物をしていると、ついつい長時間画面をみているということはありませんか?

気付くと何時間もパソコンをしてしまいますよね!?

 

また、意味もなくネットサーフィンを続けて、気づくと何時間も経っていた、という経験は誰しも一度はあるのではないでしょうか?

 

俺はしょっちゅうです。

といっても、仕事中じゃないですよ?

 

 

パソコンって人間を夢中にさせてしまう性質があると思います。

ネットが普及したばかりのときは、「なんて便利な道具なんだ」と思っていました。

現在人にとって、もう抜け出すことができない道具なんでしょうね。

 

しかし、そんなことばかり言ってられません。

パソコンを使い続けることで、肩こりを悪化させてしまうのです。 

 

自分のカラダのためにも上手に付き合う必要があるのです。

カラダを意識しながら生活して、少しでも軽減できるようにしていく必要があるでしょう。

 

パソコンの使用が肩こりの原因になる理由

ここまで読んだだけでも、パソコンの使用が肩こりの原因になりそうだな…というのが感じいただけている気もしますが。

 

パソコンを使用することで、肩こりを引き起こす原因をまとめてみましょう。

 

・仕事やプライベートで長時間パソコンを使用していると、同じ姿勢でいることになり、動きが少なくなり、血行が悪くなる

・パソコンを使っている時の姿勢が良くなく、カラダのバランスを崩している

・パソコンのモニターをのぞき込むように座っていて、姿勢が悪くなっている

・目の疲れから眼精疲労を起こし、それが肩こりの原因となっている

・パソコン上で細かい仕事をすることで無意識に力が入り、血行が悪くなっている

・椅子と机、キーボード、マウスの位置が正しくなく、どこかに無駄な力が入っている

 

など、多くの原因があります。

 

俺の場合も、長時間の使用や、姿勢の悪さ…

分かっているんですけどね、仕方ないというのもあって。

 

座位にも問題がある!?

 

f:id:hihari:20170111104235j:plain

 

そして、座り続けていることも肩こりの原因となるのですが、その座位も関係がありそうです。

 

俺自身のカラダのことなんですが、多分、左右のバランスが悪いと思うんですよね。

例えば、自然に首が右に傾いているとか、いつも右ばかり肩がコルとか…

 

机でパソコンを叩いているとき、座位を取りますが、この座位も左右のバランスがとれていない気がします。

椅子に対して、お尻が均等に乗っていないと思うんです。

これは、医者に言われたわけでもなく、誰かに聞いたわけでもないんですが…

 

ふとした時に感じるんですよね。

バランス悪いなって。

 

肩こりって、肩だけの問題ではないのは良く聞く話です。

自分のカラダに対しての自己分析なんですが、

座位のバランスが悪い→腰が張る→背中がコル→そして最終的に首や肩がコルというように繋がるんだと思うんです。

 

腰痛(腰のハリ)が出てくると、時間と共に肩こりになるのでそう分析したんです。

 

 

と、いうことで、デスクワークの際の腰痛対策の極秘対策をお伝えします。(笑)

 

勿論、軽い運動は良いのですが、これを使うと楽です。

 

低周波治療器です。

オムロン 低周波治療器 エレパレス 販売サイト

 

「じゃぁ、首や肩につけたらいいじゃないか?」と思われる方もいるかも知れませんが、これを肩や首に付けると仕事にならないぐらい、筋肉が震えるんです。

しかも、頭に近い場所なので、頭も小刻みに震えます。

仕事中につけていたら、上司に怒られること必至です。苦笑

 

しかし、腰なら大丈夫です。(多分)

腰は、全体の面積も広くて頭までの距離が遠いため、腰だけをほぐしてくれます。

 

低周波治療器は商品そのものの大きさが様々ですが、小型のものはポケットにも余裕で入ります。

俺は、他の人には内緒でポケットにしのばせて使っていることがあります。

これだと、椅子から立ち上がった時もコードは見えることなく周囲にバレないのです。(笑)

 

使ったことがない方は、分からない思うのですが、低周波治療器は音が全くなく、静かなので便利ですよ!!

 

一時的なことですが、腰痛対策も肩こり対策に繋がることをお忘れなく。

 

でもやり過ぎは禁物です。

ついつい気持ち良くて長い時間やりたくなってしまうんですが、やり過ぎは逆にカラダに悪いと思っています。

 

どうやってパソコンと付き合うか

f:id:hihari:20170111105350j:plain

要するに、パソコンに夢中になると、姿勢に変化がなく、同じ状態が続いて首、肩、背中が緊張して、こり固まるというわけです。

 

簡単な対策ですが、やはり、休憩を簡単にとるということでしょう。

俺の場合、肩の上から右手を、下から左手を背中側で掴み、肩甲骨をほぐします。

それを左右交互に行うのです。

元々肩甲骨は柔らかいほうなので、簡単に俺はできます。

 

あとは、首を適度に回したり、肩をすくめて一気に下に下ろす(脱力する)方法がありますね。

肩をぐるぐる回すのもいいでしょう。

 

「それぐらいやってるよ」と言われる方もいるかもしれません。

そうですね!! 

適度な運動って、パソコンに限らず、必要なことですよね。

 

ここで重要なことは、運動の頻度なんです。

 

俺の経験では、最低10~15分に一回のペースで行うと効果的だと思います。

 

何度も言いますが、パソコンは知らないうちに時間が経過しています。

肩にコリを感じる前の早い時間で運動をすることが大切なのです。

 

マメにカラダを動かすことで、肩こりを少しでも軽減できるでしょう。

 

 

まとめ

まとめると、

 

  • パソコンの使用には、肩こりの原因となることがたくさんある
  • 肩こりは座位にも問題がある
  • マメにカラダを動かすだけでも肩こりを軽減できる

 

辛い肩こり、パソコンがその原因のひとつです。

きちんと対策を立てて、コリを感じる前に正しい姿勢を維持したり、軽い体操をしましょう。

また適切な座位をとることもお忘れなく。

 

 

f:id:hihari:20170114143046j:plain

 

f:id:hihari:20170114145119j:plain

f:id:hihari:20170114193953j:plain