肩こり歴25年の俺の肩こり解消体験記~もう整骨院には行かない

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

肩こり歴25年の俺の肩こり解消体験記~もう整骨院には行かない

肩こり歴25年。長年肩こりに悩まされてきた俺が、一念発起し、肩こり解消に本腰を入れました。なぜならば、まだまだ「死にたくない」からです。

MENU

肩こりは治療院で改善できる!!でも、いつまで通い続ければ良いんだろうか?

f:id:hihari:20170113110344j:plain

みなさんは、治療院と聞いて何を連想しますか? 

 

整体やカイロプラクティックは聞いたことがある人、行ったことがある人が多いのではないでしょうか?

では、

 

オステオパシーは?

 

そして、治療院では、「おじさんが骨をボキボキならす」「鍼で治療をする」等のイメージがあると思います。

そのような治療で果たして肩こりは治るのでしょうか?

 

実際は色々な種類の治療が行われていますので、そちらを紹介していきたいと思います。

 

整体で関節の歪みやズレを矯正

f:id:hihari:20170113111137j:plain

治療院と言えば、「整体」が一番強い印象ではないでしょうか?

整体は手足や肩甲骨、骨盤、顎などの関節の歪みやズレを矯正するのです。

 

俺も整体を経験したことがありましが、最初にどのようにズレているか見てくれ、「ココがこっちに、こういう風にズレています」と教えてくれました。

 

施術方法は、直接手や足を使用して自分の身体に当てながら行います。

まれに補助具を使うことがあるようですが、僕の場合はなかったです。

 

整体を受けている最中は、気持ちいいと感じることはほとんどありません。

また、基本的に特別痛みを感じることはありませんでしたが、若干力が入り少しだけ痛みを感じることもありました。

 

テレビで見ていると、結構痛そうな場面を観たりするので、整体といってもその人のやり方や手法で少しずつ内容は違ってくるのだと思います。

 

でも、整体を受けても歪みは数日で元に戻ってしまいます。

ある程度は継続して定期的に通う必要があると思います。

ただ、保険の適用がないのが難点なんですよね。

 

と、いうのも、整体は国家試験を所持せいていなくても開業できる仕事なのです。

勿論、教育は受けて開業をしていますが、全額自己負担というのは治療が遠ざかる原因のひとつになるでしょうね。

 

因みに、僕が最初に行った時は、60分で4,000円ぐらいでした。

 

カイロプラクティックとは何か

f:id:hihari:20170113111249j:plain

カイロプラクティックは19世紀にアメリカで生まれたもので、現在では改良を重ねながら世界80カ国で行われています。

 

では、カイロプラクティックはどのような治療なんでしょう?

 

イメージとしては整体に似ていますが、手だけを使用して、瞬間的な施術なのです。

骨格や神経系等に注目して、仕事や日常の生活によって生じる骨格の歪みや機能的な面の異常を独自の理論から見つけて、整えていくのです。

人が持つ自然の代謝力を活かし、自然に回復できるように導くのです。

 

カイロプラクティックは手探りで患部を触るのではありません。

生体力学、神経科学、解剖学の側面を捉えて、独自に培ったノウハウから骨格等の異常を正確に整えていくのです。

 

俺は、カイロプラクティックは行ったことはありません。

しかし、父が昔よく行ってました。

 

バスの運転手をしていた父は慢性的な首や肩に凝りを感じていました。

酷い時には、首あたりの凝りを通り越してこわばるような痛みが継続するようになったそうです。

そのころの父の姿はとても辛そうでした。

カイロプラクティックは単なるマッサージではないと認識していたそうで、姿勢や身体の歪みを看てから改善に向けて取り組むということは、理解していたようです。

 

そこのカイロプラクティックはボキボキと骨をならすことはなく、寝てしまうぐらい自然に近い治療だったそうです。

 

父は現役で働いている間は長らく通っていたような印象がありますが、肩こりが完治したというわけではなさそうです。

 

俺も実家を出てしまっているのでその過程は分かりませんが、退職してからは、痛みもそれほどではなく、、カイロプラクティックにはもう通っていなさそうです。

 

オステオパシーって、聞いたことありますか?

f:id:hihari:20170113111543j:plain

最初、俺はこのオステオパシーという言葉を知りませんでした。

今から、15年ほど前に今の職場に就職したとき、近くに「オステオパシー治療」という看板があり、その存在を知ったのです。

 

肩こりが酷い時、職場の同僚に「あの、オステオパシー治療という看板は何なのか?」と尋ねたのです。

すると、たまたま、その同僚の知人の方の治療院で、そこを紹介してくれたのです。

 

そこで治療をしている人は、結構大柄で50歳代の男性でした。

筋肉を押えながら額に汗をかき、一生懸命してくれました。

しかし、その汗が気になり、それが最初で最後になってしまいました・・・。

 

知り合いの紹介でしたが、料金も安くなりませんでした・・・。

まぁ、商売ですから、それは仕方がないですよね。笑

 

さて、オステオパシーについて少し調べてみました。

この治療は骨、筋肉、神経、血管、リンパ、内蔵、靭帯が人体を作るものであり、骨だけを対象にした治療ではないのです。

また、この治療方法を考えた、アメリカのスティル氏は人間を「体」「精神」「魂」の三位一体として捉えて他の治療法では重視されない、「心と精神」も重要と考えたものなのです。

 

俺の受けた治療はゆっくりゆっくり抑えられているイメージで、痛くはありませんでした。

この治療も人間の自然の治癒力を導き出す手法なのです。

 

治療院っていつまで通えばいいの?

肩こり歴25年だった俺は、整体だけでなく、マッサージ、リラクゼーションサロン、整骨院、整形外科といろいろと通いました。

 

でも、共通して言えることは、どこに行っても、肩こりが完治しなかったということです。

 

整体は上でも書いたように、費用が割高で、通い続けないといけないため、途中で止めてしまいました。

けれど、費用が割高でも、「●回通えば治る」という治療だったら、行けたと思うんです。

でもそうではない。

 

一時的に、カラダの歪みが治っても、また戻ってしまう。

だから、通わないといけない。

結局、他人の力を借りないと、その良い状態は保てないんですよね。

 

一度、通っていた整体で、カラダの歪みを治すポイントを聞きまくった時があったんです。

そのポイントが分かって、自分で維持することができれば、何度も通わなくても済むじゃないですか?

 

でもね・・・

初めは快く教えてくれたのに、あまりにも詳しく聞くんで、「素人さんはやらない方がいいんですよ。逆にゆがみがひどくなります」と言われて終わりました。苦笑

 

まあ、それも正論かもしれません。

でも、当時の俺は、「結局、通わなくなったら儲からないから教えないんだな」と解釈して終わったのです。笑

 

そんなこんなで、いろいろと通いましたが、一向に完治する気配がないので、「肩こりは治らない。うまく付き合うしかない」と結論づけていました。

だったら、高い金を払って一時的な快楽を求めても意味がないのかもしれないとも。

 

ただ月日は経ち、肩こりは治ると知って、一気に考えが変わりました。

肩こりは根本的に治さないと、本当に危険だと思うのです。

 

まとめ

  • 整体は全身を観察してくれて、肩こりも改善へと導いてくれる。
  • カイロプラクティックも整体に似ているけど、手しか使わない。最近は痛くない治療が多い。
  • オステオパシーという言葉は聞きなれないが、肩こりの改善に効果があるよう。しかし、おじさんだと少し抵抗がある。
  • いずれの治療院も、いつまで通えば完治するのか、いまいち明確ではない。
  • 治療院に通わなくても、肩こりを解消する方法はある。

 

今回は、3つの治療方法を紹介しました。

鍼やあん摩とは違い、国家資格の必要がなく、保険の適用がありません。

金額もそれなりにしますが、継続して通うとそれなりの効果はあると思います。

 

ただ、いつまで通い続ければ完治するのかは、非常に不明確です。

金額も高めなため、途中で通うのをやめてしまう人も多いでしょう。

 

でも肩こりを放っておくと危険です。

根本的な解消を目指しましょう。

 

 

f:id:hihari:20170114143046j:plain

 

f:id:hihari:20170114145119j:plain

f:id:hihari:20170114193953j:plain