肩こり歴25年の俺の肩こり解消体験記~もう整骨院には行かない

肩こり歴25年の俺の肩こり解消体験記~もう整骨院には行かない

肩こり歴25年。長年肩こりに悩まされてきた俺が、一念発起し、肩こり解消に本腰を入れました。なぜならば、まだまだ「死にたくない」からです。

MENU

胸郭出口症候群とは何? 肩こりとどんな関係があるんだろうか?

f:id:hihari:20170114223110j:plain

肩こりが酷くて痛みも感じる、

しびれが出てきて病院で検査も骨に異常はないと言われた。

そのうち、腕や指先がしびれるという人は…

 

胸郭出口症候群かもしれません。

 

胸郭出口症候群とは何か

f:id:hihari:20170114223248j:plain

胸郭出口症候群(きょうかくでぐちしょうこうぐん)、

あまり聞きなれない言葉ですよね!

 

そもそも、胸郭出口とはどこでしょうか?

 

首筋から胸の付け根周辺のところを指します。

 

心臓から続く血管がありますが、これが胸郭を出た所で神経と一緒に圧迫されておこる複合的な症状を言います。

一般には20~30代でなで肩の女性が多いというデータもあります。

男性の場合だと筋肉質でいかり肩の人がなりやすいとされています。

 

腕にしびれや、だるさを感じる時を具体的に考えてみましょう。

 

風呂で頭を洗う時。

高い場所の物を取ろうと腕を伸ばした時。

パソコンを継続的に使い、キーボードを打っている時。

このような場面で感じることがありますので、気になる人は要注意です!!

 

また、首や肩、腕などを決まった場所に持っていくという場合にも同じような症状が出るのです。

このように、生活の中で不便さを感じます。

 

胸郭出口症候群の原因は何か

腕や手にいく神経や血管の束があります。

それが鎖骨周辺の骨や筋肉で圧迫されるのが原因です。

こうなると、肩こりとの関係があるのが理解できると思います。

 

最大の原因は姿勢の悪さにあります。

 

高い位置に座布団や枕をおいて寝ながらテレビを観ている、

重い荷物を片側にいつも持っている、

猫背や腹ばいで本を読んだりすることも原因になるのです。

 

要するに普段からの生活習慣を見直す必要があるのです。

 

それと、もうひとつ、首の骨が湾曲しないで真っ直ぐになっているストレートネックの人もなりやすいのです。

ストレートネックは体質にもよりますが、顔を前に突き出したりするような無理のある姿勢になるとなり易くなります。

www.xn--r1wv81d.club

 

筋トレのやり過ぎにも注意

f:id:hihari:20170114223551j:plain

少し前まで筋トレをしていた俺ですが、必死に汗を流しながら筋肉が鍛えられる姿は気持ちがいいものです。

 

しかし、そんな筋トレも注意が必要なのです。

確かに、肩こりにならないために、肩や首に筋肉を付けるのは大切なことです。

 

問題はその後にしっかりとストレッチをしないと腕に伸びる血管の血流が悪くなり、胸郭出口症候群に繋がる可能性があるのです。

 

ストレッチの方法ですが、腕や肩を脱力させその場で飛び跳ねて筋肉をリラックスさせましょう。

また、自分自身の手で軽くマッサージを4~5分程するだけでも違います。

 

胸郭出口症候群の症状が出現したら・・・

手や腕にしびれが出たら、まずは整形外科を受診しましょう。

頚椎に問題がある可能性を秘めているからです。

 

俺の場合は、しびれまで出現したことはありませんでしたが、MRIで検査をしたこともありました。

 

不安な方は、一度検査をしておいた方が安心でしょう。

 

ほとんどの場合は保存療法で対応します。

具体的には運動をして筋肉を鍛えたり、筋肉そのものを温めたりするのです。

 

しびれが慢性化してしまうと、改善されるまでの時間がかかってしまい、治るまでに大変な苦労をすることになります。

 

何度も繰り返しますが、まずは予防として、肩こりを悪化させたり、疲労が蓄積するような姿勢をとらない事が一番だと考えましょう。

 

カイロプラクティックで改善する方法がある

f:id:hihari:20170114223722j:plain

カイロプラクティックでは硬くなってしまった筋肉をほぐすだけではありません。

筋肉に関係する関節を時間をかけながら調整していくのです。

 

胸郭出口症候群は姿勢が関係している場合があります。

特に猫背は胸の筋肉が張りやすくなり、しびれの原因になることがあるのです。

 

そこで、カイロプラクティックによる治療を行い、姿勢を正常なものへ近づけていくのです。

 

ただし、一度で改善するものではありません。

担当するスタッフと相談して、今後どれぐらいのペースで利用できるのか?どれぐらいの期間を要するのか?話し合いをして、計画的に治療を進めていくことが大切です。

 

まとめ

  • 胸郭出口症候群とは聞きなれない言葉であるが、心臓から続く血管があり、これが胸郭を出た所で神経と一緒に圧迫されておこる複合的な症状のこと。
  • 原因はストレートネックや猫背等にある。姿勢を正しく保ち、普段から意識して生活することが大切。
  • 男性の場合は筋トレでも発症してしまう場合がある。
  • 症状がでれば整形外科で検査して今後どのように治療を進めていく検討する。
  • カイロプラクティックで改善する場合もある。計画的に治療の方向性を考えて取組む必要がある。

胸郭出口症候群は聞きなれない言葉ですが、直接命に関わるものではありません。

肩こりの原因となるように、血管が圧迫され腕にしびれ等を伴うので生活そのものが辛くなります。

最初の段階ですぐに診断されれば、早めに治療を開始していきましょう。

 

 

f:id:hihari:20170114143046j:plain

 

f:id:hihari:20170114145119j:plain

f:id:hihari:20170114193953j:plain