肩こり歴25年の俺の肩こり解消体験記~もう整骨院には行かない

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

肩こり歴25年の俺の肩こり解消体験記~もう整骨院には行かない

肩こり歴25年。長年肩こりに悩まされてきた俺が、一念発起し、肩こり解消に本腰を入れました。なぜならば、まだまだ「死にたくない」からです。

MENU

肩こりの原因は、日常生活にこっそりとたくさん潜んでいます

肩こりに関する知識

f:id:hihari:20170114235800j:plain

肩こりの原因は人それぞれだと思いますが、俺の経験を元にお話します。

 

現在40歳の僕はデスクワークが中心の仕事をしています。

そんな僕は高校生の時から肩のコリというものを感じていました。

 

学校の授業中、黒板を見ながらノートを取るとき、姿勢が固まって筋肉もゴチゴチになっていたんでしょう。

というより、テレビやゲームの見過ぎ、やり過ぎが原因かもしれません?

 

その後、就職をすると、避けては通れない原因で、肩こりに悩まされるようになりました。

 

肩こりの原因というのは、ありとあらゆるところに隠れているのです。

日常生活に潜む、肩こりの原因についてみていきたいと思います。 

 

考えられる原因

一般的に考えられる原因として、「パソコン・スマホ」「読書・勉強」「運動不足」「ストレス」「眼精疲労」「日頃の姿勢」等が思い浮かぶのでないでしょうか。

これらの原因って、普段の生活で行っているものなので、避けては通れない部分がありますよね。

 

それだけ、肩こりって私達の生活に密着しているということなんでしょう。

では、具体的に考えていきたいと思います。

 

肩こりの原因「パソコン・スマホ」

f:id:hihari:20170115000152j:plain

現代社会ならではの原因ではないでしょうか。

 

パソコンは、今や小学生の授業でも行われています。

文字を打つのは勿論、写真の編集や勉強を兼ねた簡単なゲームもしているようです。

 

次にスマホですが、これも親のスマホを幼児に貸している人も見かけます。

早い子供だと1歳ぐらいから…という人もいますし、赤ちゃんの子守にスマホを利用しているママさんもいるというから驚きです。

 

特に動画なんかは子供にとって、絶好のおもちゃ代わりになっているのではないでしょうか?

あまり早いスマホデビューも考えさせられます。

 

また、10代後半から50代では、当たり前のように日々使用しています。

それに加えて、団塊の世代の方たちも、若者には負けられないと、自然に使いこなしています。

中には80代でも、スマホやパソコンを使いこなしている方もお見かけします。

 

それだけ、今は生活に欠かせない存在なんですね。

 

でも、このパソコンやスマホの使い過ぎは、首に負担をかける原因なんです。

そして、肩こりを引き起こす原因なのです。

www.xn--r1wv81d.club

 

肩こりの原因「勉強・読書」

f:id:hihari:20170115000432j:plain

これまた、だれでも行います。

勉強なんてだれでもしてきたことですし、大人になっても必要に応じてやっています。読書も趣味と言われる方が多いと思いますが、生活に密着しています。

 

俺みたいに首が長い人間にとって、少し字を書くだけでも肩にコリを感じます。

右手にシャーペンを持って力を入れ、下を向いてひたすらページをめくるという行為は、決していいものではありません。

 

勉強や読書が肩こりの原因になってしまうのです。

 

肩こりの原因「ストレス」

f:id:hihari:20170115000629j:plain

仕事で部下と上司の板ばさみ、締切りに間に合わない仕事がある、家に帰っても妻の小言が嫌になる、子供の育児が精神的にキツイ…

 

このようなストレスを持って人は生活しています。

ストレスは自分で感じる、感じないは別にして、筋肉を緊張状態にさせるのです。

その結果、血管が圧迫され血流が悪くなるのです。

 

血流が悪くなると…

 

そう、

 

首から肩にかけてコリの原因になるのです。

 

しかも、過度にストレスを受けると、自律神経が乱れ、睡眠不足の原因になるのです。

睡眠不足になると、疲労は取れずさらに更にひどい肩こりへと繋がるのです。

www.xn--r1wv81d.club

 

肩こりの原因「運動不足」

f:id:hihari:20170115000742j:plain

ひとむかし前、子供は肩こりとあまり縁がない存在でした。

しかし、近年、パソコンの普及で、小学生低学年でコリを感じる児童もいるようです。

そう、運動不足の影響は小学生にも現れているのです。

俺が通うマッサージ店では、小学生とその母親が一緒にマッサージを受けるそうです…

 

恐ろしい時代です。

 

勿論、大人にもいえることです。

 

忙しいビジネスマンにとって、運動する時間がないと思います。

本来なら、腰、背中、肩甲骨、肩といった全体を適度な運動でほぐすことで、血流がよくなるのです。

しかし、時間を確保できなくて悩んでいる人は多いのではないでしょうか?

 

因みに、俺は学生時代卓球をしていました。

大人になっても趣味でやっていましたが、夜に出て行くということが億劫になり今はやってないです。

人間の弱いところですね。

こうやって負のスパイラルへと陥って肩こり解消とはいきませんでした。

 

現代人の運動不足は、肩こりの原因とつながっているのです。

www.xn--r1wv81d.club

 

肩こりの原因「眼精疲労」

f:id:hihari:20170115001119j:plain

眼精疲労から肩凝りを引き起こすのか、肩凝りから眼精疲労をひき起こすのかよく分かりませんが、首を通る小さな血管の血流が悪くなることを考えれば、どちらが先でも後でも関係はありそうです。

 

俺の場合、冬の寒いときに眼精疲労になり易く、風呂に入って温めても一時的なもので、すぐ疲労感を感じます。

 

そのようなときは、手軽に出来る方法として、蒸しタオルをビニール袋に入れてそれを目に当てるという方法がお勧めです。

 

眼の奥には小さな小さな血管が通っています、そこを温めることにより血流をよくしてやるのです。

www.xn--r1wv81d.club

 

肩こりの原因「姿勢」

f:id:hihari:20170115001143j:plain

↑こんな歩き方では、余計、肩こりがひどくなるでしょう。

 背筋を張って、真っ直ぐに!!

 

これは、基本的なことですが、出来ないことが多いです。

実際、俺がそうなので…。苦笑

 

同じ姿勢で数分過ごさない為に、適度な運動は大切です。

デスクワークなら、例えば、10~15分に一回背伸びをするとか、肩を回すとかですね。

また、猫背の方は昔から言われるとおり、肩凝りの原因になると思います。

 

あと、歩き方は背筋をピンとはり、上から糸で引っ張られているイメージで歩くといいそうです

 

姿勢によって、肩こりを誘発してしまうのです。

www.xn--r1wv81d.club

              

まとめ

  • 日常に潜む肩こりの原因。常に私達は危険と隣り合わせなのです。
  • パソコン・スマホが原因になる肩こり。
  • 勉強・読書が原因になる肩こり。
  • ストレスが原因になる肩こり。
  • 運動不足が原因になる肩こり。
  • 悪い姿勢が原因となる肩こり。

 

肩こりの原因は様々ということが分かりました。

しかも、その原因は私達の生活に密着しているこが多いのです。

少し、油断したら、肩こりの原因となるものが、あちらこちらの転がっているのです。

 

普段、わたし達は、それらを意識しながら生活して、少しでも軽減できるようにしていく必要があるでしょう。

 

 

f:id:hihari:20170114143046j:plain

 

f:id:hihari:20170114145119j:plain

f:id:hihari:20170114193953j:plain